病院紹介>診療部門(栄養科)

診療部門
Department

栄養科

 食べることは楽しみでもあり、生活の質を向上させるために大切なことです。また、適切に食事を摂ることは、病気からの回復にとても重要です。栄養科では、食を通じてあらゆる面から患者様の治療をサポートいたします。

 
入院中の食事

 患者様の病態や年齢・体格に合わせた食事を提供しています。また、日々の食事を美味しく召し上がっていただくために、適時適温提供、楽しみとなるような行事食の提供も行っています。

食事時間

(朝食) 7:45

(昼食)12:00

(夕食)18:00

食事内容

 肛門科手術後の方は、野菜・きのこ・海藻・豆類をたっぷり使用した食物繊維が豊富な食事です。

炎症性腸疾患や外科手術後の方には、病状に合わせて消化のよい食事を提供しています。

行事食

 入院中、少しでも季節感を感じて楽しんで頂けるよう、月に1~2回行事食を提供しています。

春のお花見弁当

クリスマス

秋の行楽弁当

お正月

食欲不振への対応

 化学療法の副作用により食欲が低下した方には、個々の症状に合わせて料理の味を調整、量を半分にするなどして対応しています。また、可能な範囲で患者様の希望に沿ったメニューを提供しています。(お茶漬け、茶碗蒸し、麺類、フルーツ盛り、ゼリーなど)

栄養指導

​ 入院や外来の患者様に栄養食事指導を行っています。
食習慣や生活状況を聞き取り、食生活の改善や問題解決に向けて一緒に取り組んでいきます。

※栄養指導をご希望の方は、主治医または看護師へお尋ね下さい。

NST(栄養サポートチーム)活動

​ 医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師で構成されるチームで、各分野から知識や技術を出し合い、患者様の栄養支援を行っています。

© 医療法人潤愛会鮫島病院

2020 All Rights Reserved.

 Wix.comを使って作成されました

​【TEL】

099-224-2277

​【FAX】

099-222-0130

〒892-0846

鹿児島市加治屋町9-8