病気について>痔の診察方法

痔の種類と主な症状

血マメが肛門にできます。内痔核の方は出血があります。
外痔核の方は痛みを伴います。

便秘や無理ないきみで肛門が切れてしまいます。

痛みや出血があります。

肛門の周囲に感染をおこして膿がたまります。

痛みやかゆみがあります。

診察の方法

 
診察はどんなふうにするの?

1)食事制限

肛門部の診察で受診するのに食事制限はありません。しかし、すぐそこに便が溜まっていると直腸の観察ができなかったり、診察中に便が出てしまったりすることがありますので、排便を済ませてからの受診がよいでしょう。

2)診察の体位

シムス位

砕石位

診察の体位は左を下にして横になる体位(シムス位)と、婦人科のように仰向けで足を広げる体位(砕石位)があります。

3)診察の実際

まず指で触診します。その後、肛門鏡で観察します。肛門鏡にはヘラ型やスリット型などいろんな種類があり、お尻の形や硬さ、大きさなどによって使い分けます。

ヘラ型肛門鏡

スリット型肛門鏡

スリット型肛門鏡を用いて痔核を観察

肛門部の診察でより直腸側の観察を要する場合は、直腸鏡を使った検査をします。
肛門から20~30cmほどの観察が可能です。
それ以上奥の観察や処置は大腸内視鏡を要しますので、日を改めて検査を予定します。

直腸鏡

© 医療法人潤愛会鮫島病院

2020 All Rights Reserved.

 Wix.comを使って作成されました

​【TEL】

099-224-2277

​【FAX】

099-222-0130

〒892-0846

鹿児島市加治屋町9-8